MENU

上部頸椎専門のカイロプラクティックを提供します

東京・巣鴨と長野・御代田 賀来カイロプラクティック・オフィスへようこそ。

当オフィスは開業以来40年にわたり上部頸椎専門でやっております。

首1か所のアジャストメントで皆様の健康に携わっています。

 

受け継がれた上部頸椎専門カイロプラクティックの伝統

当オフィスは、B.J.パーマーが生涯をかけて発見・確立した上部頸椎カイロプラクティック(スペシフィック・カイロプラクティック)の伝統を忠実に受け継いでいます。B.J.パーマー亡き後、彼の元で直接学び、実践し、その後のスペシフィック・カイロプラクティック界を牽引した先生方から多くの教えを受けることが出来、正統なスペシフィック・カイロプラクティックを守り続け現在に至ります。

 

B.J.パーマーの言葉

「自然は助けを必要としない」

B.J.Palmer博士

B.J.Palmer博士

B.J.パーマーは、自身の著書でこのようにも表現しています。

「内部からあなたを造り上げた力よりも、外部からのスプーン1杯の薬を信用するのは道理に適った事であろうか」

 

医療、治療との区別

上部頸椎カイロプラクティックと医療、または多くの治療との違い。医療の目的は、病気を治すこと。症状を取って楽にすること。死を防ぎ長生きさせる。ということでしょう。そして医療には薬や注射などのツールや、多様な療法を用いてその症状を緩和するということができます。これは人間の進化によってもたらされたもので、他の生き物の世界ではみられない行為です。上部頸椎カイロプラクティックにおいては、それを行う事はありません。そこが医療との大きく異なる所です。

 

生きている限り自然治癒力は存在する

人間を生かし、管理しているのは脳からの指令です。その脳からの指令が背骨の中で妨害をされている状態を、サブラクセイションと呼びます。サブラクセイションが起きると、脳からの指令が妨害され、体は不調和を起こした状態に陥ります。このサブラクセイションを手によるアジャストメント(調整)によって取り除くことで、自然治癒力を含む、先天的知能(イネイト・インテリジェンス)による自力での治癒が始まります。
人間も、自然界の一部です。植えた植物の種が、いつ芽を出すのか。それを誰も確約できない様に、「自然に任せる」という事は、どこから変わるかを断言することは難しいでしょう。しかし間違いなく自然治癒力を備えています。そして自力で変わることができるはずです。「自然に任せ自力で変わり健康になる。」その「自然治癒力」に任せた結果を、賀来カイロプラクティック・オフィスでは40年、見続けています。

 

院長略歴

院長 賀来 史同

 
1979年 賀来カイロプラクティック・オフィスを開業。
1987年 JSCS(日本上部頸椎専門カイロプラクティック・スクール)を設立。
1989年 JSCA(日本上部頸椎カイロプラクティック協会)を設立。

 
シャーマン大学創設者 トム・ジェラルディー博士
ダフ式レントゲン分析開発者 故ステファン・ダフ博士
B.J.パーマー・カイロプラクティック・クリニック最後の所長 故E.L.クラウダー博士に師事

 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会(JSCA) 会長
日本上部頸椎専門カイロプラクティック・スクール(JSCS) 校長

 

 

首を1ヶ所アジャストメントする事で、自然治癒力によって体が内側から本来の状態へと自発的に調整されていくという自然療法を提供しています。

 

賀来カイロプラクティック・オフィスはJSCA(日本上部頸椎カイロプラクティック協会)に加盟しております。

JSCA ロゴ

 

PAGE TOP